BLOGブログ

2019年7月

2019年オススメのハイライト

2019-0731

極細ハイライトで2019年夏を過ごしませんか?


 

カラーのお客様の70%がハイライトをされている
心斎橋店 ディレクター 前川がお伝えする
絶対的にハイライトをおすすめする理由!!

ダメージしたくないけど
透明感のあるおしゃれカラーがしたい…

そんな方は、なお必見!

ダメージを最小限に抑えながら
少しずつ理想のカラーに近づけ、
ハイライトならではの
デザイン性も優れているので
周りと差をつけるカラーならハイライトがオススメ!

次の7項目を見てハイライトの良さをわかっていただければと思います!

1つずつご紹介させていただきます!

1.初ハイライトは理想のカラーの土台づくり

ブログ画像

ハイライトは1回では完璧な仕上がりに
もっていくことは正直難しいです。
まずは土台づくりとして、入れてあげていくことが大切。

2.2回目以降のハイライトでつくっていく明るさ(明度)

1回入れたハイライトにさらにプラスで
増やしていくことで、ブリーチ部分が増え、
髪全体の明度が高くなっていきます。
ハイライトを入れる際も、
1回目に入れたハイライトに被らないよう
施していく技術でさせていただきます。

3.ハイライトの太さを変えてつくる立体感

ブログ画像

ベースとして、明るくしていくハイライトは
3mmのチップ(ハイライト)に対して
7mmの間隔を開けて入れるのですが、
2回目以降のハイライト時に
2mmチップ5mm間隔
4mmチップ8mm間隔のズレをあえてつくることで
太い細いのハイライトが入り、
巻いた時の立体感がプラスされます。

4.ハイライトによるダメージレスなブロンドカラー
フルハイライト合計6回したヘアカラーがこちら!

ブログ画像

全頭ブリーチなしのヘアカラーで
ここまで明るくすることも可能☆
ベースがここまで明るいと、
したいカラーも思いのまま!

5.ハイライトのケアアイテム
ハイライトとはいえブリーチですので
ご自宅でのケアは必須です!
ハイライトにオススメのカラーシャンプーはこちら!

☆good bye yellow
ケア力★★★
色補正力★★★★★
価格★★★★

いかがでしょうか?

ハイライトしてみたいかも!と思われた方、
ぜひ 私に1度させていただければと思います☆

ホワイトカラーはどの領域からできるのか?

2019-0731

_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5655.JPG
はい、どーも!
カラーリストじゃないけれど
カラー大好きな美容師 竹村です
新規のインスタやHPB(ホットペッパービューティを見て)よく上がる質問
ホワイトカラーは今日できますか??
ずばり答えましょう。
 
綺麗なホワイトにしようと思うと6-8回ブリーチが必須です
つまり無理です
ごめんなさい🙏
なぜか?
答えはアンダーカラーにあります。
わかりやすく言うと
 
画用紙です
 
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9327.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9328.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9326.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9329.JPG


白 黄色 茶色 黒
 
順番に 白髪  金髪  茶髪  黒髪
 
みたいなもので、この色画用紙にペンで色を塗るようなものなのです。
 
 
最初からブロンド〜ホワイトよりの土台がある方は可能です。
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8222.JPG

↑これくらい。

 
 
 
 
まず黒髪をブリーチすると 


茶髪or金髪に進化します 
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9331.JPG
↑くらいになってくれればいいんですが、、、。
 
 
日本人のばやい オレンジ金髪に進化する人が大半です。
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9330.JPG


そこから オレンジを消す為に アッシュorマット(緑系)
次に金髪の黄色を消すのにパープル系(紫)
微妙に黄色消しに再度パープル
 
という複数の行程が必要です
 
そもそも時間をかけて退色させながら色を作っていく行程をしないと髪の毛が保ちません、、。
 
1日でやると
 
髪だけではなくもう頭皮から血出ます(笑)
 
ホワイトっぽい感じにはできますけどね(^。^)
 
 
 
黒→オレンジ金髪→金髪→ブロンド→ホワイト系→ホワイトの6行程
 
色素が濃い方の場合   (竹村さんは濃い人です。)
 
①黒→ブリーチ→オレンジ金髪→オンカラー→  アッシュ系1回目完成
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3759.JPG
②退色したオレンジ金髪→ ブリーチ→金髪→オンカラー→ ミルクティー系 2回目完成
③金髪→ブリーチ→ブロンド→オンカラー→シルバーパープル系 3回目完成
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2111.JPG
④ブロンド→ブリーチ→オンカラー →パープル 4回目完成
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2600.JPG
⑤ホワイト系→ブリーチ→オンカラー→プラチナホワイト→ 5回完成 (この辺でだいぶ白くなる)
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1956.JPG
⑥ホワイト系→ ブリーチ→オンカラー→パープル→6回目完成  紫が抜けたら白
 
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6497.JPG


はい
黒歴史(笑)
 
 
6回行程を踏むので 
2か月周期なら1年
1ヶ月周期なら半年
半月周期なら3ヵ月
週一なら1ヵ月半で作れます。
 
特殊カラーは計画的に再現しましょうね(^。^)
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5682.JPG

髪をバッサリ切る上で、欠かせないものは何か?

2019-0731

どうも、おはようございます
365日 ショートヘアを切る美容師
店長の竹村です。
バッサリ髪を切る上で、美容師とお客様の間で
絶対的に必要不可欠な事があります。
それは何か??
技術?
接客?
ブランド?
お客様のなりたいカタチや安心させる上で とーーーーーっても
大事なんですが、、、。
僕は、信頼関係 だと思っています。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6662.JPG
信頼関係無くして、髪をバッサリ切るという、決断に至れません。
僕は、バッサリ切ると言うお客様以外でも2重カウンセリングということを行なっています。
4y0f6Zj+TR+zFpYQtQ0l8g
専任BC(ビューティーコーディネーター)という、ホテルで言ったらコンシェルジュのようなスタッフがまず、優しく当日のヘアスタイルやライフスタイル面のオーダーを聞いてくれます
10人中8人は普段美容室で言えない悩みが言えた!!
ととても評判がいいです!( ̄^ ̄)ゞ
いつも通ってくれているお客様だけではなく
初めてのお客様にも信頼関係を築くコツ、、、。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6805.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6807.JPG
やはりこういうリアルな声というものと言うんでしょうか、、
クチコミは正直、ヘアスタイル以上に見て来られるお客様が多いです。
美容師にとって、お客様が来られるよりももっと早い段階でその美容師がどういう人なのか?
という、第一印象ではなく第0印象が決まっているんでしょうね。
TOP